TOP

風俗がないと生きていけない私の風俗体験談をまとめました。

爆弾のような胸をもった風俗嬢

爆弾娘と言えば何を言い出すのか分からない危なっかしい女の子のことを指すと思うんですけど、彼女は違う意味で爆弾風俗嬢でしたね。そうです、爆乳と呼んでいい位の巨乳だったんです。
彼女の胸はそれはもう凄いレベルでした。彼女のいる名古屋の風俗店のホームページを見た時から彼女の巨乳には釘付けになっていたんですよ。これは凄いなと。是非とも一度楽しませてもらいたい…なんて思ったものの、さすがにこのルックスであれば人気もあると思うのでいきなり電話しても無理だろうと。でもとりあえず彼女がいる風俗店に電話してみると大丈夫だと。思わずガッツポーズしてしまいましたね。
それで彼女と楽しみましたけど、あれだけの爆弾を抱えているとなれば男としても楽しかったのは当然です。しかも凄い弾力なんですよ。あれは若さがあればこそですかね。まだまだ全然垂れていないですし、ツンと上を向いているんです。そのバストを見ているだけでこっちの興奮というかモチベーションがどんどん高くなっていきました。あのボディをあれだけ満喫出来たので、自分の中での満足感も半端なかったです。

名古屋の風俗の日常感だって悪くはない

風俗には非日常感を求めている人が多いと思うんです。日常生活の中では味わうことが出来ない刺激を得たいからこそ、風俗を利用する。この理屈は自分もよく分かるんです。毎日同じことの繰り返しをしているよりも、違うことを楽しみたくなるのが人間心理だと思いますしね。
でも先日名古屋の風俗でお世話になった彼女はそうじゃないというか、むしろ彼女は日常感の方が強い風俗嬢だったんです。悪い言い方かもしれませんが、どこにでもいるかのような身近感があったんですけど、でも逆にそれにやられたんじゃないかなと思うんですよね。身近にいそうな子なので、親近感が湧くじゃないですか。すると、彼女との距離感がとても近いような気がしてきたんですよね。そしていろいろな気持ちを味わえるようになる…。これもこれで風俗の魅力なんじゃないかなと思ったんですよね。
刺激ばかりが風俗じゃないというか、時には親近感のある女の子とまったりと過ごすのもそれはそれで悪いものではないかなって名古屋の風俗で彼女に気付かされました。